先日、無事に息子が保育園を卒業し、ホッとしたのですが・・・

わたし、保護者会の中で・・・・

モンスターと思われる人と遭遇いたしました。

まぁ、とにかく、人の顔に泥をぬりぬりする人。

みんな本当に頭にきて、怒っていましたが・・・

私・・・その時に・・・・

気付きました!!!

「人に嫌われることを何とも思っていない人ほど、手の付けようがない・・・」

ここにたどりついたのは、

常に「なぜ、この人は人の気持ちを考えて行動ができないのであろうか」

と考えていたからです。

私もそうですが・・・

できれば人には嫌われたくないと思います・・・

合わない人に合わせようとは一切思いませんが・・・

しかし、その方・・・

「人に嫌われる?」

「私がよければいいの」

こういう人間に、道徳心を叩きつけたところで、

暖簾に腕押し

全く効果はありません。

さらに人の目など・・・

全く気にしないので、

束になっても敵いません。

ある意味、尊敬をしました。

そこまでの度胸はないと・・・すごい・・・

最後の最後まで、自分の意見を曲げる事はなく。

自分の意見を通そうと、周りの人間を使ってあの手、この手で挑んできましたが・・・

私も頑固なので・・・

全却下・・・・

周りも私の事を理解していたので、この判断に納得を頂きましたが・・・

人生初めてと言っていいほどの最大の敵でありました・・・

人間は不思議です。

もし、この人が、相手の気持ちを考える事ができる人間であれば、

この人は人から慕われる人になっていたでしょう。

その逆に、もし私が、相手の気持ちを考えない人間であれば、

私も、この人のような強い人間であったかもしれません。

人間って・・・不思議・・・